福山市の整体は「和整体・整骨院(なごみ)」

脊柱管狭窄症

この脊柱管狭窄症
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

脊柱管狭窄症

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • トイレで小さい方が近く、キレも悪くなってきている
  • もうこれ以上、ブロック注射や坐薬、コルセットには頼りたくない
  • 少し歩くと、腰からお尻が痛くなって来たり足がシビレてきたりして休みたくなる
  • 手術を薦められているが、どうしても手術だけはしたくない
  • 自転車に乗っても痛みやシビレは出ないが、歩くのだけはすぐに疲れてしまう
  • 歩くとふらついてしまい、将来的に歩けなくなるのか不安だ
  • 一生狭窄症と付き合うしかないと言われたが、なんとかしたい

矢印

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

セミナー

 

 

医療関係者・専門家から
推薦の声を頂いています

 

推薦医師

 

推薦看護師

 

推薦整体師

 

推薦歯科医師

 

推薦ウェイクボーダー

 

 

なぜ?当院の
施術はこんなにも
脊柱管狭窄症が改善
されるのか?

 

他で良くならない理由

坐骨神経痛 他でよくならない理由

病院に行っても整骨院に行ってもなかなかよくならない、

思い切って手術をしても結果が出なかったりする、そんな厄介な病気です。

当院を受診したと言う事は、あなたは今まで病院や整骨院やいろんなところに行ってきたけれど、あまりよくならなかったのではないでしょうか。

それではなぜ、あなたの膝はよくならないのでしょう?

膝の腫れ、痛み、水が溜まる、関節の変形…。これらの症状にはすべて意味があります。

症状の裏側にある意味を考えず、見かけの問題だけに対処を続けても、根本改善につながらないのは明らかです。

また、誤った対処法を続けると、痛みが良くなるどころかかえってひどくしてしまうこともあるのです。

痛みで毎日病院に行って、牽引したり、電気をあてたり、ホットパックで温め、マッサージを受けてみたり、

それでも一向に良くならないのは、狭窄症に対するアプローチが根本的に間違っているからかもしれません。

もしも下記のことを行っているのであれば、ご説明しますので今すぐやめた方がいいかもしれません。当院の考えでは、これらを行っていると脊柱管狭窄症が改善から遠ざかってしまう可能性があると考えております。元々、あなたの身体には自然治癒力が備わっています。そういった意味で、今おこなっていることが自然治癒力を阻害している可能性が大いに考えられます。

 

コルセットなどの器具

常に「コルセット・サポーター」をつける

これは、1番の理由は、筋力が弱るからです。弱った筋力を戻すほど大変なことはありません。人の体は、1週間動かないと筋力が10%低下します。しかし、10%の筋力をアップさせるのには3ヵ月かかります。これは大問題です。

身体を酷使する土木業や介護職などの重労働をしている方が重度の坐骨神経痛の場合に仕事中のみコルセットをつけることは理解できますが、それ以外の状況においては、すぐにでもコルセットを外すべきです。外すために必要なこと・計画・順番は当院でしっかりと指導いたします。

 

電気治療などの一般的整骨院・病院の治療

電気治療で良くならない理由

電気治療には、低周波・中周波・高周波・超音波・微弱電流など、たくさんの種類があり、整形外科をはじめ整骨院や鍼灸院などでも使われています。これらの電気治療の目的は、鎮痛効果、機能改善効果、組織修復効果などがありますが、それだけで改善していない方がほとんどです。今までたくさんの坐骨神経痛の方の治療をしてきましたが、その中で感じたことは痛いところに電気治療をしても電気刺激で感覚を鈍らせているだけで治るかと言えばそうではないです。その中で痛みの原因を探ると、筋肉や痛みを感じるところだけではなく、関節や骨盤、脳の動作制御など様々な原因があることが分かりました。全ての原因にアプローチせずに痛んだ箇所に電気をあてても、一時的に良くなってもまたぶり返してしまいます。

 

リラクゼーションマッサージ

筋肉は、身体を支えてくれている重要な存在です。そして、筋肉が硬くなるという症状が出ているのは原因ではありません。結果です。よって筋肉を弛めても根本解決にはなりません。多くの原因は、実は、関節です。当院では骨盤と背骨の『潤滑不全』が主な原因と捉えています。

潤滑不全とは、読んで字のごとく「関節に本来の潤いと滑らかさが無くなった状態」のことを言います。潤滑不全は、分かりやすく「関節のサビつき」と言い換えられます。生理学的な歩行不足・悪いクセ・食事・生活習慣などが要因となり、

潤滑不全 = 関節のサビつき が主には骨盤で起きています。

この状態をかばうために体の歪みが起こります。歪みを元に戻そうと(身体の柱が傾くために)筋肉が緊張してくれて必死に歪みを整えようとします。その状態が限界に達した時に、痛みや症状が出ます。よって、筋肉はむやみに弛めてはいけません。順番としては、根本原因である潤滑不全をしっかりと改善させてから、残ったわずかな筋肉自体の問題にアプローチします。

 

湿布、痛み止めの薬・注射

先ほどの流れで言えば、かばいきれなくなって発生したのが痛みや症状です。西洋医学では、痛みが無い状態が治ったとしておりますが、どう考えてもおかしいように思えます。根本原因からの流れが必ずありますので、末端の結果として出た痛みや症状を変化させるためだけにシップや痛み止めを使うのはやめましょう。これらは逆に悪化する可能性もあります。シップは、痛み(炎症)を取り除くほどの温度はなく、皮膚から炎症を排出しようとしているところにフタをして邪魔をします。スーっとするのは、メントールなどの成分でスーっとした感覚を得ているだけです。お気を付けください。

そして、痛み止め・シップの成分にも言えることですが、痛み止めは特に、本来感じるべき痛みという感覚を神経に作用して麻痺させ痛みを感じなくなっている状態です。本当にこれで治ったと思いますか?冷静に考えれば分かることだと思います。そして、本来感じるはずの痛みを感じないために無理をします。痛みは、適切に無理をさせないために発生している感覚なのにそれを感じなくさせる→無理をする→悪化する。当然です。体にしてみればたまったものではありません。もう少し、自分の身体に対してしっかりと考えてみてくださいね。しかし、何年も続けて痛み止めを飲まれている患者様もおられます。その方に、今日から痛み止めを飲まないでくださいとは絶対に言いません。しっかりと一緒に痛み止めを止められる方向に導いていきます。長年飲み続けている本人様が1番やめたいと思っているはずです。しかし、止め方が分からない。そんな患者さまに、一歩一歩、階段を上がるように治癒への階段を昇っていってもらいます。その理論と技術と経験が当院にはあります。

 

外科的手術

手術でよくならないたった一つの理由

やはり手術をしなければ改善しない痛みは少なからずあります。手術をすることで以前よりも症状が悪化する可能性は低いと思います。しかし、痛みの原因を手術によって取り除いたとしても、一度は痛みが軽減したが、数ヶ月後、数年後に再発してしまう人や、手術後も痛みを訴え続ける人がいることは事実です。

再発してしまう場合は、手術前と同じような体に負担のかかる生活を続けていれば、同じように再発してしまいますし、手術後も変化を感じられない場合には、そこが真の原因ではなかったと考えられます。いずれにしても、日常生活の中で体に負担をかける動作が、少なからずかかわってきますので、根本的な原因を解決しない限り、痛みと共に生活することになってしまいます。

 

ストレッチ

静的ストレッチで筋肉の緊張を緩和する。

こちらは、ほぼマッサージ・指圧と同じ理由になってしまいますが、ほとんどの場合、筋肉が根本原因であることはありません。スポーツや事故で打撲を負って、筋肉を傷めたのなら分かります。しかし、いつのまにか筋肉に痛みが出てきたというような自然発生的な症状の場合、ほぼ間違いなく筋肉が原因ではありません。原因ではないことは、その場は改善しても戻ります。どんな物事も同じだと思います。原因にアプローチすることが全て重要だと思います。そして、その場の症状が緩和させたいだけなら構いませんが、痛み止め・シップと同じように結果だけを変えるという事は、現状より悪化してしまう可能性があります。身体を支えてくれている筋肉を弛める。すると、余計に身体の柱が崩れてしまうのでやめましょう。

静的ストレッチ(止まった状態でじっくりと筋肉を伸ばして、弛めるストレッチ)をするのであれば、動的ストレッチ(身体を動かしながら気持ち良く身体を伸ばしていく体操に近いストレッチ)方法を選択しましょう。そういったアドバイスもしっかりと行っていきます。

 

 

症状についての説明

症状についての説明

脊柱管狭窄症にはこんな症状があります。

  • 長い間歩けないが、しばらく休むとまた歩ける……間欠性跛行
  • 前かがみになると楽

この2点が主な自覚症状です。

脊柱管狭窄症とは、首から腰骨までの脊柱(背骨)の中を椎間板や関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経を通す道が狭くなり、神経に触れて生じる痛みやしびれによるものと、『間欠性跛行』という足に流れる血流が上手く流れなくなることで痛みやシビレが足にかけて走り、歩きにくくなる特徴的な症状と合わせて起こるものとされています。

 

特徴

歩きはじめてしばらくすると、だんだんと足がシビレたり痛みが出る・重くなるなどして歩くことが辛くなります。

そこで一旦休んで腰を丸くしたり屈めてしばらく休むと、また歩けるようになりますが、同じように繰り返しの症状を起こすことが特徴です。(間欠性跛行)

しばらく歩いて、歩けなくなる時間には個人差がありますが、狭窄症のタイプや悪くなってからの経過によって違ってくるようです。

目安として、20分以上歩くことが出来なければ、症状としては重いタイプと考えてください。

他に間欠性跛行が出る疾患として、閉塞性動脈硬化症(ASO)というのがありますので、こことの鑑別には注意が必要です。

当院に来院される、足の痛み・痺れのある方の中には、閉塞性動脈硬化症の方がまれにいらっしゃる事があり、循環器科を受診するようにお伝えしています。

症状が、坐骨神経痛や脊柱管狭窄症と似ている為、患者さんも判断が難しいようです。

閉塞性動脈硬化症とはどんな病気で、坐骨神経痛や脊柱管狭窄症との区別の仕方を説明しますので、ご自身の症状に思い当たる点のある方は、まずは循環器科を受診してください。

 

閉塞性動脈硬化症とは

主に足の動脈硬化が起こり、狭くなるか、詰まるかして、足を流れる血液が不足して、それによって痛みを伴う歩行障害が起きる血管の病気です。重症の患者さんは足指が壊死を起こしたり、そのために足を切断しなければならない事もありますので注意が必要です。

脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違い

脊柱管狭窄症は腰を屈めたり座ると楽になりますが閉塞性動脈硬化症は楽にならない場合が多いです。

もっと分かりやすいのは自転車です。

脊柱管狭窄症の方は自転車に長く乗っても大丈夫です。これは腰を丸めているので脊柱管が広がって内圧を下げているからです。

それに対して閉塞性動脈硬化症の方は自転車にも長くは乗れないのが特徴です。これは血管が硬く血流障害が起こっているので、足の筋肉を使う事でさらに血流障害が起こるためです。

 

脊柱管狭窄症の種類

腰部脊柱管狭窄症はどの神経が圧迫されるかによって、次の3つに分けられます。

① 神経根型

神経根が障がいされるタイプ。
身体の使い方によって左右どちらかが障がいされ、片方の脚に痺れ・痛みが発生します。時に両側が障がいされる場合もあります。

② 馬尾型

神経の束である『馬尾神経』という部が障がいされるタイプ。
これに関与する多くの神経が影響を受けるので、神経根型よりも広範囲かつ多様の症状が出やすいことが特徴です。
馬尾型では、両側に症状が広がり、痛みや痺れの他にも脚の筋力低下や冷たい感じ<感覚の異常>や膀胱・直腸へ神経障がいが起こり、おしっこや排便コントロールが効かなくなることで軽い失禁をすることもあります。

③ 混合型

神経根と馬尾の両方が障がいされるタイプです。
症状として馬尾よりも重く、両方の症状が出ることが考えられます。

 

 

原因

坐骨神経痛 原因

脊柱管狭窄症の症状が出るまでの過程は、少なくとも5年以上前から要因を抱えたものがそれぞれの経過を辿って発症していくものと考えられます。

  • 椎間板の組織変化(変性)により起こるもの
  • 脊椎の椎体・椎弓の骨の変形で起こるもの
  • 椎間関節にある関節包の組織が肥厚する(厚くなる)ことで起こるもの
  • 背骨の骨折や亜脱臼などによって起こるもの
  • すべり症(骨折や脱臼などによる縦方向のズレ)により起こるもの
  • すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレにより起こるもの
  • 上記のそれぞれが合わさった要素として起こるもの

 

脊柱管狭窄症の原因の誤解

神経圧迫で痛みは出ない

腰部ヘルニアやこの症例でも同様ですが、多くのメディアやHPなどを見ていくと、レントゲンやMRIで脊柱管内が狭窄した結果、神経の根っこの部分~その先の部分が圧迫されたことによって生じる痛みと解釈しています。

しかし、それは全くの誤解で、潰されるような力が神経にかかっているようで、実は神経にかかる力によって神経が麻痺したり痛みが出る症状は、神経線維が引き伸ばされてしまい炎症を起こしています。

症状としても、前かがみになって休んでまた歩けるようになる脊柱管狭窄症と、腰部椎間板ヘルニアの痛みの消失の仕方は異なっています。

また、神経が押し潰されるように圧迫されているならば、姿勢を変えた程度ですぐに収まるようなことはないでしょう。

 

加齢によって脊柱管が狭くなるため

50才を超えて坐骨神経痛が出た場合の40%は脊柱管狭窄症であるという調査結果があります。

70歳以上では、85%以上の方に脊柱管狭窄症があると言われています。

そうすると70歳以上の方はほとんど脊柱管狭窄症を患っていることになります。ですが、同じ70代でレントゲンやMRIで狭窄が認められても全く無症状で元気な方も多くいらっしゃいます。

反対に画像で狭窄はわずかしか認められないのに、強い症状が出ている方もいらっしゃいます。これが紛れもない加齢だけが原因では無い根拠になります。

また、「もう年なんだから」と病院で言われたりした方、、まだ諦める必要はありません。

「加齢」と「老化」は違います。

加齢は皆同じように平等に重ねるものですが、老化は人それぞれであり、過ごしてきた環境や習慣で違います。

80代で背筋もピンと伸びていて、スタスタ歩いて60代くらいの体力を持っている方や、反対に60代で腰が曲がっていて実年齢以上に見えてしまうこともあります。

ですから、年のせいと諦めている方は、まだまだ大丈夫です!

ではその改善法について、このあと説明していきます。

 

 

当院での改善法

腰痛についての施術方針

当院での改善法は、あなたの過ごしてきた環境や習慣や過去の運動歴やケガなどを含めた歴史を遡り、原因の部分を分析し一つ一つ取り除いていくことが唯一の改善法だと考えています。これまでに色々と書きましたが簡単に言うとあなたの身体が『歩かない身体』に順応していった結果、狭窄症が起こったのです。

 

回復までの3STEP

  • 1STEP: 疾病形成因子除去(初期~)
  • 2STEP: 歩行機能改善(疾病形成因子の除去の目処が立ってから本格的に行います)
  • 3STEP: 形質修復期の促進(歩行機能が改善してきた後に行います)

脊柱管狭窄症では、こういった施術の基本であるこのステップを正確に踏んでいく必要があります。

それぞれのステップを簡単にまとめていきます。

1STEPにて悪くしている要因をカウンセリング、検査ですべて取り払います。

2STEPでは、本来皆さんが持ち合わせている『正確に歩ける身体の働き』を、関節に潤いを与えながら関節の正常な動作を取り戻すべく施術し、改善していきます。

3STEPでは、2STEPまでで狭くなった部分を修復しようとする力『リモデリング』が働く環境が出来上がったのを確認して、さらにその働きが強くなるように必要な運動や施術を行っていきます。

痛みやしびれは本当に耐え難く、つらいものですが、症状が改善していく過程には痛みだけに着目して、それを取ることが『最良』とはなりません。

人には自然治癒力という素晴らしい回復力を持っていますが、良かれと思ってやったことが、実は良くない事であった……と、自らで悪くしてしまっていては、本来働くべき治癒力も十分に発揮することができません。

ですから、私どもの脊柱管狭窄症の改善のための3STEPは、症状が回復していくために必要な条件をきっちり押さえたにしてあります。

狭窄症の改善期間には、それまでの習慣や体力によって個人差があります。

あなたのつらい症状が落ち着くまでには早くて3ヶ月、平均6ヶ月~1年と時間がかかります。

長年歩く機能が低下してしまっている方に関しては、歩行機能改善に時間がかかるため、1年近く掛かる場合もあります。理由は、この症状の一番の原因が『正常歩行が出来なくなった事による組織の変性』であるからです。

要するに、使わない身体の働きに合わせて、身体が変形するということです。

それだけに、①ネガ除去-②機能回復-③形質修復このステップは欠かせないのです。

この症状克服の必要なことは、目先の痛みばかりに執着せず、「数ヶ月間を頑張る」というあきらめない気持ちだけです。

この勇気さえふりしぼって頂ければ、私どもがあなたの勇気をしっかり受け止めます。まず最初の一歩を踏み出してあげてください。または、あなたの大切な方の背中を押してあげて、私どもにおまかせください!

 

 

お試しキャンペーン

 

脊柱管狭窄症を根本改善!
トータル整体コース

2回セット 2,980円
(通常1回6,000円×2回=12,000円)

 

tel:0849541322web予約地図

 

 

書籍メディアで紹介

 

 

まだまだあります!
\お客様の喜びの声

 

「これは治ると確信できるようになりました」

左変形性膝関節症、坐骨神経痛、ヘルニア、腰狭窄症、尺側神経麻痺で鷲手。ついに歩けなくなり狭窄症と診断され手術を勧められたが看護師をしている娘と妻の反対で、手術する前に出来る事をやる事に決めました。チラシを目にした妻からなごみに行ってみたらと言われたのが始まりでした。このやさしそうな先生のおっしゃる事が今までと違ったので面白そうだから
通ってみる事にしました。
二カ月ぐらいで全くできなかった階段の昇降が楽になり、15m歩いては休んでいたのが2km歩けたり、三か月後には握力がなくなって字が書けなかったのが書けるようになり、ラーメンが箸で食べられるようになり、四か月後にはこれは治ると確信できるようになりました。今では酒と肴とを両手に持って階段を昇っています。(倉田様 男性)

※効果には個人差があります

「人柄と技術を信頼しています」

狭窄症、ヘルニア、肩こり、20代から腰痛に悩まされ続け30代でヘルニアの手術、40代で狭窄症の手術をしました。それでも痛みが引くことは無く整形で注射や内服薬、湿布を貼ったりコルセットで耐えていました。「なごみ」を職場近くの倉敷の先生に紹介されて通院を始めたらまずコルセット無しでの生活ができるようになり、不眠も改善されました。身体状況をどのように把握しているのか、治療方針を分かり易い言葉で説明してもらえること。分らないことは分からないと言ってもらえたのがとてもありがたいと思いました。人柄と技術を信頼しています。(高野様 男性)

※効果には個人差があります

 

 

他院とはどこが違う?

矢印

 

和整体・整骨院の
8つの特徴

 

1. 大手口コミサイトで1位を獲得。有名書籍、メディアでも当院が紹介されています

口コミNo.1バナー

日本最大級の口コミサイト「yelp」で福山市×整体でランキング1位を獲得。また有名書籍やメディアでも紹介されている、広島でも有名な整骨院です。

 

 

2. 症状改善の整体技術がプロの治療家にも評判

主催セミナー

当院院長主催のセミナーで、全国の治療家が当院の技術を学びに来ています。プロの中でも有名な整骨院です。

 

 

3. 初回20分以上の安心・納得のカウンセリング、検査

カウンセリング

初回は20分以上のカウンセリング検査で親身になってお話を伺います。
痛みの本当の原因を見つけ出す事が、改善には不可欠です。

 

 

4. 施術実績のべ8万人!経験豊富の院長自らがオーダーメイドで施術します

オーダーメイド施術

延べ8万人以上の施術実績を持つ院長自らが、あなたに合った施術を行います。どんな症状にも対応可能な知識と経験で、短期で痛みを解消します。

 

 

5. 短期間で症状を改善!痛くないソフトな整体で安心&安全

ソフトな整体

原因にダイレクトに施術するため、一度の施術でも変化を実感して頂けます。また、体に負担の少ないソフトな施術でお年寄りからお子様まで受けて頂けます。

 

 

6. 症状を改善するたけではなく、様々な効果が期待できます!

ウエストサイズダウン

全身を整える施術だから、ヒップアップ、むくみ解消、美脚効果、美姿勢、ウエストサイズダウン、痩せやすい身体、美しいプロポーションなど様々な効果が!

 

 

7. 充実のアフターケアで再発予防

アフターケア

痛みの再発しない元気な体を維持するため、セルフケア方法や食事、栄養についてアドバイスしています。わかりやすくレターもお渡ししています。

 

 

8.あらゆる重い症状に対応可能です。実績多数

技術セミナー

技術セミナーや書籍・メディアでも絶賛の当院の技術は、あらゆる症状を改善した実績があります。どこに行っても良くならない症状の方は当院にお越しください。

 

 

当院の技術を
多くのプロの治療家
推薦しています!

 

「全ての面で安心して身を任せることのできる先生です」

同業 田中次郎 先生

大阪府交野市
青葉整骨院 田中 次郎

青野先生は、皆様の辛い症状を改善するにあたり、人体の構造への深い研究と理解から、『ただ痛みを取る』、『歪んだ背骨を元に戻す』と言った事だけでなく、現在から将来に向けて健全な生活動作を取り戻すため、いったい何が足りなかったのか、何が必要なのかを示してくださる業界にも数少ない先生です。

青野先生が日々診ておられる患者様は、往々にしてヘルニアや脊柱管狭窄症など長年にわたる重篤な症状でお悩みの方が多いのですが、

どのような方が相手であっても、先生は

「今の状態に至るまでにその方がどういった歴史を辿ってきたのか」
「なぜ今の症状が出ているのか?」

に着目し、これを徹底的に解明する問診(術)と独自の検査技術をお持ちです。

ですから皆様は思い切って先生に、これまで悩んできたこと、疑問に感じてきたことをぶつけて見てください。
(青野先生なら)その思いをしっかりと受け止めてくださり、合理的かつ安全な手法により適切な未来へと導いてくださるでしょう。

これまでに多種の医療機関にかかって『単なるその場しのぎの施術やマッサージでは通っても治らない』とお嘆きの方や、
『レントゲンと痛み止めの薬だけもらって何も診てもらえない』と戸惑う方もたくさんあるなか、
『来院された方にはきちんと身体の状態を改善してほしい。良くなるまでに時間のかかる人もきちんとサポートしたい』という信念をもって、日々努力、研鑚を続けていかれる青野先生の姿勢は無理のない丁寧で優しい治療と、これまでの実績に表れています。

治療家としての技術・信念、そして人間性においても全ての面で安心して身を任せることのできる先生ですので、本気で自身の健康を取り戻したいとお考えの方には、青野先生の院で診てもらうことを強くお勧めします。

「必ずあなたの思いに応えてくれます」

推薦5人目笠井先生

香川県東かがわ市
アイリス接骨院・鍼灸院

はじめまして、香川で整骨院をしている笠井と申します。 青野先生とは勉強会でいつもご一緒させていただいています。 普段は物腰が柔らかく物静かな先生ですが、治療に対しては人一倍情熱を傾けていらっしゃいます。 私にとって、治療のことから家族のことまで安心して相談できる頼りになる先生です。 青野先生は、丁寧な問診で患者さんが納得いくまで説明してくれますし、検査ではお体に負担の内容細心の注意を払いつつ 症状の根本原因を的確に見つけ出してくれます。 治療の際も、その人の状態や体質に合わせて一人ひとりオーダーメイドの施術をしてくれます。 どこに行ってもよくならないとお悩みなら、ぜひあきらめずに青野先生のもとをお訪ねください。 青野先生なら、必ずあなたの思いに応えてくれます。

「患者様に対する想いは群を抜いています」

S_岩本先生

めいじゅ鍼灸整骨院
岩本 直樹

青野先生を推薦いたします。
はじめまして。京都で鍼灸整骨院を開業させて頂いております岩本直樹と申します。

青野先生とは勉強会でご一緒させていただいております。
全国から志ある先生方が集まり、患者様の為に最新の治療法を学び続けています。
青野先生は素晴らしい治療技術と豊富な知識をもっておられるため、全国の先生方からも非常に尊敬されておられます。
人柄も常に謙虚で施術にかける熱意とバイタリティー、患者様に対する想いは群を抜いています。
日々努力を惜しまないプロとしての姿勢は同じ治療家として尊敬しています。

お身体の悩みでご来院をお考えの方は、ぜひ一度青野先生の丁寧で的確な施術をうけてみてください。しっかりとお悩みに寄り添い、きっと良い結果を出してくれることでしょう。

 

 

お試しキャンペーン

 

脊柱管狭窄症を根本改善!
トータル整体コース

2回セット 2,980円
(通常1回6,000円×2回=12,000円)

 

tel:0849541322web予約地図

 

脊柱管狭窄症 のブログ記事一覧

福山市の整体は「和整体・整骨院(なごみ)」 PAGETOP