福山市の整体は「和整体・整骨院(なごみ)」

西洋医学では腰痛の85%は原因不明とされている事を知っていましたか?
腰椎すべり症・分離症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを総称して腰痛と呼びます。

この事は、「腰痛診療ガイドライン」( 日本整形外科学会・日本腰痛学会  2012年 )には、
「原因がない腰痛の85%は正確な診断が困難」と記載されていて、整形外科医もこの事実を認めているのです。

多くはレントゲン、MRI、CTなどの画像診断をした上で、
「骨と骨の間が狭くなっていますね、おそらくこれが原因で…」
と言われる事が多いと思います。

その上で、狭くなってきた原因は「年齢的に仕方ない」と言われる方が多いです。
同じくらいの年齢の方で元気な方がいらっしゃる中で「年齢的に仕方ない」と魔法の言葉を使われると納得される方が多いようです。

果たして本当にそれで納得できるのでしょうか?

85%原因不明と言われているのはそもそも見るべきポイントがズレていると私は考えます。

そもそも、痛みが出る瞬間の姿勢で画像診断をできればまだ原因の究明に近づけると思うのですが、
痛みが出ていない状態の画像診断自体に意味が無いように思えます。

それでは、どこに良くならない理由があるのでしょうか?
まず痛む瞬間の動作としてどうなっているのか?を考えていく必要がありますよね。

普段から身体をどう使ってきたのか?

上半身と下半身の動きがしっかり一致して連動して動いているのか?

その上で、筋膜のつながり、筋肉の厚み、腫れ、可動域等を診ることが大事だと私は考えています。

当院では、身体の状態を様々な角度から診て、あなたの腰痛の原因を探り、適切な状態へと導く治療が可能です。一緒に健康的な身体を取り戻しましょう!
腰痛でお悩みの方は、是非一度ご来院ください。

 

福山市の整体は「和整体・整骨院(なごみ)」 PAGETOP